MENU

犬用の認知症サプリメントがあるって本当?人間とは何か違うの?

認知症サプリメントのフェルガードとは?本当に効果があるの?

 

認知症は人間が発症する病気として知られているのですが実は犬も認知症になるとされていて、発症すると夜鳴きが酷くなったり同じところをくるくる回る・はいかいしたり昼夜逆転するなどの様子が見られるようになります。
そんな犬の認知症に対しては現在明確な治療方法が確立されていないので対症療法を取るしかないとされているのですが、そんな中で最近注目を集めるようになったのが犬用の認知症サプリメントの存在です。

 

これは認知症を発症している犬の場合、血中の脂肪酸やDHAやEPAが健康な犬と比較すると明らかに少なくなっていると言う研究結果から開発されたもので、魚油に含まれている不飽和脂肪酸を中心として作られています。
これらを摂取することによって症状を緩和することができるとされていますし、サプリメントなので副作用もなく利用することができるというところから安全性についても保証されているというところがポイントです。

 

ちなみに人間の認知症に関しても発症予防のサプリメントなどがあるのですが、それらとの違いはほとんどないとされています。
と言うのも人間用の認知症サプリメントにもDHAやEPAが用いられていますし、根本的な原因としては似たようなものだとされていることから同じような成分が利用されているということになります。
ただしどの程度含有しているのかと言うところはやはり違いがあるので、人間用のサプリメントを犬に与えると言うのは危険だとされています。


このページの先頭へ