MENU

認知症サプリメントのフェルガードとは?本当に効果があるの?

認知症サプリメントのフェルガードとは?本当に効果があるの?

 

認知症とは加齢と共に様々な要因から脳の細胞が死んでいく、または、働きが鈍くなっていく状態を指します。
記憶力が落ちてしまったり、判断力が落ちたなど自覚症状があまりない場合でも社会生活に影響を及ぼしてきたなら疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

日本では、高齢化に伴い認知症の人が増加しているにもかかわらず、現在の医療では薬物療法により完治させることは不可能であると言われています。

 

しかし、最近の研究でサプリメントを活用した治療が有効であるという結果が分かってきているのです。
米ぬか成分に含まれているフェルラ酸とガーデンアンゼリカが配合されているフェルガードが薬を超える効果があることが分かったのです。
高い抗酸化作用を持つこのサプリメントは薬より安全で改善率が高いというデータからも今後の治療に期待が持てます。

 

一般的に治療で使われる薬は精神的な不安定さを改善するために服用しますが、吐き気、倦怠感などあり、ふらつきから転倒に結びつく場合も考えられます。しかし、フェルガードは薬の副作用を和らげ、薬の量を段階的に減らしていくことができるのです。
また、一つのサプリメントが効かなくても他の物が効果的だったという事例も多々あります。

 

フェルガードを治療の一環として続けるにはお医者様との連携や家族間の協力が欠かせません。
今までなんとなく健康に良さそうだからと続けてきたサプリメントと同じ感覚ではなく症状の改善に寄り添った選び方が必要になってくるのではないでしょうか。


このページの先頭へ