MENU

マルハニチロのDHA含有ソーセージが認知症への機能性表示を取得!

マルハニチロのDHA含有ソーセージが認知症への機能性表示を取得!

 

魚の缶詰やちくわなどの練り製品、冷凍食品など、水産加工品をメインにさまざまな分野の食品を取り扱っているマルハニチロ。
スーパーに買い物に行くと、あちらこちらの棚でその名を見かけます。
なかでもフィッシュソーセージは、子供のおやつからビールのお供まであらゆる年代の方に馴染みのある食品なのではないでしょうか。

 

そのマルハニチロのDHA含有フィッシュソーセージが、新たに機能性表示食品に追加されました。
機能性表示とは、平成27年4月に新しく始まった、消費者が正しい商品情報を得て選択できるように、特定の健康維持及び増進に役立つという科学的根拠に基づいた機能性を食品に表示する制度です。
機能性表示食品に対しては、消費者庁が中心となり販売後の監視が行われます。

 

DHAは脳の情報処理能力に関係があるシナプスに働きかけ、情報伝達能力を活性化させるのに役立つとされています。
マルハニチロのフィッシュソーセージは、このDHAが含まれていること、脳の認知機能の一部である数や言葉、図形などの情報の記憶をサポートすることが商品に表示されることにより、その情報が消費者に正しく伝わるようになりました。

 

最近は味や値段だけでなく、安全性や健康への影響などあらゆる面に注意して食品が選ばれる傾向があります。
健康意識の高い方や認知症予防に関心のある方には、このフィッシュソーセージへの機能性表示は、商品選択の際の新たなポイントのひとつになるでしょう。


このページの先頭へ